メタバースとは?何が出来る?超初心者でも分かりやすく紹介します!

こんにちは!maaasaです!( @BlogMaaasa)

 

「メタバース」というワードは、最近よくテレビなどのメディアでも耳にするようになりましたねw


大半のは聞いた事あるけど、メタバースってそもそもなに?どんなことができるの?など、よくわかっていない人が大半だと思います。

 

この記事では、そんな方達に向けて初見でも理解できるように分かりやすくメタバースを紹介していこうと思います!

 

この記事を読み終えると

  • メタバースとは
  • メタバースの今後、将来は?
  • メタバースの注意点

などがわかるようになっています。

 

なお、この記事は5分ほどで読み終わると思います。

 

5分後には他人に対してざっくり説明ができるくらいにはなっているかと思います。

 

それでは、メタバースとは何か?紹介していきます。

メタバースとは?

kai
メタバースって聞いたことあるけど、なんかよくわからん!
maaasa
最近ではメディアでもよく聞くよねw

 

メタバースという単語は「Meta(超)+Universe(宇宙)」からつくられた造語です。

 

Microsoftや元Facebookもメタバース事業に巨額の投資をしており、元Facebookは社名をMetaに変更するくらい本気でメタバース事業に取り組んでいます。

 

メタバースとは仮想空間

メタバースとは簡単にいうと仮想空間というイメージで間違っていませんw

 

インターネット上の3D仮想空間で実際の現実と同じようなことが出来ます。

 

自分で作成したアバターを通して行うため、LGBTQや自分の容姿など気にせずに様々な人と関わりを持つことができます。

メタバースは昔もあった

メタバースは新しい概念とされがちですが、実は2003年ごろに存在していましたw

 

セカンドハウスと呼ばれる3D仮想空間で2006年ごろに日本でもブームがあったようです。

 

今でもオンラインゲームなどで仮想空間は使われており、馴染みがあるのはフォートナイトやどうぶつの森などがその一種と言えます。

 

なぜ、メタバースが注目されているのか

kai
昔からもあったし、なんで今になってそんなに注目されているの??
maaasa
それは、ブロックチェーン技術を利用したNFTや時代背景が影響しているからなんだ!

昔からあった仮想空間がなぜ今になってより注目を集めているのか?

 

それは、時代背景や新しいシステムによって加速していると言われています。

 

簡単に説明します。

NFTの登場でより活発に

ブロックチェーン技術を利用したNFTというシステムが登場したおかげで、メタバース業界が大幅に飛躍したと言われています。

 

NFTは簡単にいうと、デジタル上のコンテンツを誰が所有しているのか証明できるシステムです。

 

それができるようになったおかげで、メタバース上で様々なコンテンツを仮想通貨を使って取引できるようになりました。

 

それによってメタバース上でお金を稼げるようになり、投資家達が次々と参入したことで人気に火がつき、現在に至ります。

 

感染症対策でよりウェブの世界が身近に

また、昨今の状況においてもメタバースの利用を拡大させた大きな要因の一つです。

 

不本意ではあるかもしれませんが、人との接触が少なくなり、その分ネットを使っての交流が増えて、より身近に感じることができるようになりました。

 

その他でもウェブ会議や、オフィスとしても使えることからも単純に利用者が増えましたw

 

メタバースの今後、将来はどうなる?

メタバースは現在進行形で利用者が増え続け、今後も増えていくことが予想されています。

 

市場規模も年々大きくなり、2020年は4800億ドルでしたが2024年には7800億ドルまでに達すると言われています。

 

今後はメタバースが当たり前になる?

今現在、皆さんはスマホを使ってSNSを楽しんでいますよね?

 

それは当たり前だと思いますが、10年前は違いました。

 

たった10年です。

 

これからの10年で、VRゴーグルを使い仮想空間で楽しむというのが当たり前になる可能性は大いにあります。

 

まだまだ発展途中!これから色々なことができるようになる!

まだまだ発展途中です。

 

今後メタバースを利用してできるようになる事を紹介したいのですが、ありすぎて説明が大変なのでざっくり思いついた内容を紹介しますw

 

  • 勤務地の自由化(家の場所の自由化)
  • 病院に行けない人がメタバース上で診察を受ける
  • バーチャル観光
  • 体験・お試し
  • 図書館などの公共スペースの設置

他にもまだまだたくさんありますが、このくらいにしておきますw

 

要は、現実世界で行われてきた発展やサービス内容が、仮想空間上でもう一度行われているというようなイメージですかねw

 

メタバースの注意点!

そんな未来あるメタバースですが、いいことばかりではありません。

 

まだまだ発展途上ということもあり、様々な点で注意が必要です。

 

注意点はこちら

  • 法整備が追いついていない
  • セキュリティー面で不安がある
  • 取り扱う通貨は仮想通貨

といった感じです。

 

簡単に説明していきます。

法整備が追いついていない

近年急速な勢いで発展したメタバース業界ですが、成長のスピードが早すぎて法整備が追いついていません。

 

最悪の場合、今後は利用者に対して課税されたり、利用に関して制限が設けられる可能性もあります。

 

ユーザーがより安全に利用できる仕組みを早く考えてほしい所ですが、今現在具体的な案は無いようです。

 

今後の法整備には注目しながら楽しみましょう。

 

セキュリティー面で不安がある

セキュリティー面でもまだ不安があります。

 

インターネットですから、ハッキングやウイルスにも気をつけなければなりません。

 

メタバース上で仮想通貨の取引を行う際に使用するウォレットのセキュリティーにも不安が指摘されています。

 

セキュリティーに関しては自分でできる範囲の対策は必ずしておきましょうw

 

取り扱う通貨は仮想通貨

メタバース上で取引される通貨は仮想通貨を使うことになります。

 

仮想通貨は安定的ではなく常に価格の上昇や下降を繰り返しています。

 

極論を言うと、最悪なくなってもいいお金で楽しむ事が心を楽にする秘訣ですw

 

あまり余裕がないのに仮想通貨に変えてしまうと、暴落時に辛いですw

 

メタバースまとめ!

メタバースのまとめです!

 

メタバースは3次元上の仮想空間で、現実世界と同じようなことが自分の作成したアバターを通して行うことができます。

 

今後も様々な事が実装される予定で、大手企業も参入するなどこれからも伸びしろが期待できます。

 

注意点もありましたね

  • 法整備が追いついていない
  • セキュリティー面で不安がある
  • 取り扱う通貨は仮想通貨

メタバースはまだまだ発展途上ですから、安全にはしっかりと注意して楽しむ事が必要です。

 

また、今後の法整備によっては様々な変化がある業界だと思いますので、柔軟な対応が必要です。

 

メタバースは今後も様々な分野で期待ができ、今後は今のスマホのように当たり前にVRゴーグルをつけて生活する日が来るかもしれませんねw

 

それでは、また別の記事でw

最新情報をチェックしよう!