エンジニアに英語は必要!ですが、低レベルでも問題ないって話

         

 

こんにちは、自動車の設計エンジニアとして働くmaaasaです!

 

先日大学のOBとして研究室に行った時、学生からこんな質問をされました。

 

  • エンジニアって英語必要ですか?
  • どの程度できればいいですか?
  • 勉強はどうやってやりましたか?

 

そんな質問に対して、僕の考えや実体験をお話ししようと思います。

 

エンジニアって英語は必要なの?

 

結論は必要です!大体の企業は必須になってきているんではないでしょうか?

 

理由は色々あると思いますが、多い理由としては、日本国内の企業だけでは人手不足になるからです。

 

例えば、国内の試作屋さん、試験屋さん、金型屋さん等が手一杯になってしまい、結果、海外に仕事を出すしかない状況です。

 

また、もう1つの理由は、大手の企業は海外に支社がある場合がほとんどです。

 

当たり前ですが、海外に進出している企業になると英語は必須になってきますね。

 

ですが、この記事を見ている方でも、英語なんて使わない、使ったことない、使わなくても問題ない。という方もいると思います。

 

実際、そういった企業もあると思います。

 

ですがそれは、海外に仕事を振らなくても、ものづくりが何とかうまくいっている企業です。今の日本では海外と繋がっていない企業の方が圧倒的に少ないと思いますよ。(設計エンジニアがいるような会社の中での割合ですが)

 

英語力はどの程度必要?

 

これも多かった質問です。

 

ここからは、どの程度必要か?に対して説明していきます。

 

結論は、低レベルでも問題ありません。

 

実際、エンジニアとして英語を使うタイミングは、社内の外国人社員との業務、海外向けの図面や、マニュアル、資料の作成、海外からの問い合わせ対応、海外出張等がほとんどだと思います。

 

僕も経験して思ったことは、書類に関してはググればわかりますし、過去の書類があれば何となくわかります。

 

本当に必要なのは話す技術です。

 

僕の感覚だと、必要な英語レベルは”日常会話程度”で全く問題ないと思います。

 

 

勉強はどうやった?

 

なんだよ、日常会話程度なら余裕っしょ!

 

って人はあまり参考にならなかったかもしれませんが、僕は中学生の頃からの赤点マスターです。英語なんて全くもってできませんでした。同じような境遇の方もいると思います。

 

そんな僕は入社して、実際に英語が必要だと感じてから英語を勉強しました。それでもまだ間に合います。

 

それでは、実際に僕がやった勉強法をご紹介します。

 

英会話スクールに通う!

 

これは、本当に上達できます。

 

というか、上達できないわけがありません笑

 

すぐに英語を上達させたい方、時間がない方はスクールやオンライン英会話が一番です。

 

仕事が忙しい、地方だからという方にはおすすめです。色々なオンライン英会話スクールがありますが、私がオススメしたいのは圧倒的に産経オンライン英会話です。

【産経オンライン英会話】3ヶ月でTOEIC190点相当アップの実績

 

他にも色々な英会話スクールはありますが、この一択で問題ないと思います。

 

理由は、オンライン英会話としては比較的安い事、そしてしっかりとしたサポートがあった事。

 

他にも3ヶ月という短時間でもマスターできるようになっている完成されたシステムです。また、講師に対しての質問が回数無制限でできるのがいいところ。分からないところがあってもすぐに聞けるのは安心です!

 

とりあえず行動してみることは大事です。

 

行動しないと、英語ができる人材にはなれませんよ。

 

僕は合わせて、YouTube動画も見ました。

 

英語系の動画を上げている人は結構多いので、動画も見ながらだと、さらに効果的ですよ。

 

以上、結論は英語は必須だと思います。ですが、日常会話レベルでokということ、また、英語が一番上達するのは英会話スクール(オンライン含む)が効果的ですよ。

 

ということです。

 

以上、みなさんのお役に建て場と思います!

 

それでは〜ノシ

          

最新情報をチェックしよう!