定番アメカジブランドのおすすめ8選!特徴や価格帯、入手場所まで紹介します!

こんにちは!

アメカジ大好きmaaasaです!( @BlogMaaasa)

 

最近アメカジが好きでよく着ているけど、アメカジブランドって何があるのかな?

 

また、たくさんあり過ぎてどのブランドを選べば良いかわからずに困っていませんか?

kai
いっぱいあり過ぎてどれを買えば良いか迷っちゃうよ!
 
maaasa
今それなら僕が、このブランドの服なら間違いない!って定番のアメカジブランドを紹介するよ!
 

この記事を読むと

  1. おすすめの定番アメカジブランドがわかる
  2. アメカジブランドの得意アイテムがわかる
  3. アメカジブランドを選ぶ際の注意点がわかる

となっています。

 

アメカジブランドを迷われている方は基本的にアメカジ初心者が多いと思いますので、初めにアメカジにおける基本的な着こなしを簡単に紹介しようと思います。

 

そんなの良いから早くアメカジブランド教えて!という方はこちらをクリックして飛ばしちゃってください。

アメカジの上手な着こなし方

結局のところ、どんなに高いブランドで服を揃えたとしてもその服をしっかりときこなせないと意味がありません。

 

自分の体型に会ったサイズで選び、合わせを間違えない事でよりファッションを楽しめるようになります。

 

トップスはジャストサイズ、ボトムスはシンプルなレギュラーストレートが基本!

アメカジで最も一般的なシルエットは、いわいるAラインと呼ばれるシルエットです。

 

トップスはジャストサイズで、ボトムスは少し大きめで太いストレートシルエットで穿くとアメカジらしさが増加します。

 

しかし、それはあくまでも基本的なシルエットですから、トップスのパーカーをオーバーサイズで着たり、スキニージーンズを穿くなど、その辺は好みで構いません。

 

芸能人でもアメカジ好きは多く、所ジョーシさん、ダウンタウン浜田さん、木村拓哉さん、さまぁ〜ずのお二人、菅田将暉さん、山崎賢人さん、あいみょんさん、aikoさんなど数えきれないほど多くいらっしゃいます。

 

メディアにも多く出ている方もいますので、TVや雑誌を見るだけでも勉強になりますねw

長く着れるブランドを選ぼう!

続いて、長く着れるブランドを選ぼう!です。

 

せっかく買ったお気に入りの服が1〜2シーズンでダメになってしまい、新しい服を探さないといけなくなった!そんな経験ってありますよね?

 

せっかくブランドを調べてこだわり、買った服ですから10年20年と着たいものです。

 

流行りのない、流行に流されない王道デザインの服を選び、長年着続けられる服を探すと良いかと思います。

 

さて、長らくお待たせしましたがここからが本題です。

 

定番のおすすめアメカジブランドの紹介をして行きます。

定番のアメカジおすすめブランド8選!

ここから定番のおすすめアメカジブランドを紹介して行くわけですが、数もあるので全てを紹介しきれません。

 

ブランドの歴史や特徴、さらにはブランドの代表作、価格のイメージなどを簡単に説明して行きます。

おすすめアメカジブランド① Levi’s(リーバイス)

アメカジといえば必ず名前があがるキングオブアメカジです!!

 

おそらく聞いたことのない人はいないレベルのブランドですよねw

リーバイスの歴史:

リーバイスの歴史は奥深く、とても長い歴史があります。初めてリーバスが誕生したのは1853年とかなり古いブランドです。そんなブランドが今でもアメカジ界を牽引しているのがとてもすごいことです。

リーバイスの特徴:

リーバイスの特徴は常にアメカジを牽引してきたデザインの良さと、値段の安さです。

そして、服の扱いやすさ、入手のしやすさが特徴です。

リーバイスの特徴:

リーバイスの特徴は常にアメカジを牽引してきたデザインの良さと、値段の安さです。

そして、服の扱いやすさ、入手のしやすさが特徴です。

価格帯:

Tシャツ 3000円〜5000円くらい

スウェット 6000円〜9000円くらい

アウター 8000円〜20000円くらい

ジーンズ 7000円〜12000円くらい

入手場所:

ショッピングモールの中で1店舗は取り扱っているかなと言った印象です。また、実際現地で買うよりもネットの方が安い場合もあるので、ネットでの購入もおすすめです。

Amazonで検索

楽天で検索

おすすめアメカジブランド②Champion(チャンピオン)

次におすすめするのはチャンピオンです。

 

チャンピオンはジーンズやネルシャツなどではなく、スウェットやナイロンジャケットが得意なブランドですねw

ブランドの歴史:

チャンピオンも歴史が深く、1919年と100年以上続くブランドです。

ブランドの特徴:

着心地のいいコットンが特徴で、Made in USAのスウェットは肉厚でとても暖かく丈夫です。また、Tシャツなどは1000円ほどの安価で手に入り、初めてでも買いやすい価格です。

ブランドの代表作:

リバースウィーブというスウェットが代表作になるかと思います。洗いや乾燥を繰り返すことで生地の縮みや変形を防止するための対策が取られた非常に丈夫なスウェットです。古着でも90年代のリバースウィーブが数万円で取引されています。

価格帯:

Tシャツ 1000円〜5000円くらい

スウェット 3000円〜6000円くらい

リバースウィーブ 8000円〜20000円くらい

アウター 7000円〜20000円くらい

入手場所:

Tシャツやソックス、下着などの小物系は比較的ショッピングモールで見かけます。

しかし、スウェット系、特にリバースウィーブは直営店やこだわりのあるアメカジ系のショップに行かないと無い可能性が高いです。

ネットでは比較的種類も選べて、様々な商品を買うことができます。

Amazonで検索

アメカジおすすめブランド③Ralph Lauren(ラルフローレン)

次に紹介するのはラルフローレンです。

 

こちらは少し大人な、高級志向のアメカジブランドですが、根強い人気でとてもおしゃれでかっこいいです。

ブランドの歴史:

ラルフローレンは1964年の創業です。100年とは言いませんが、それでも老舗で歴史あるブランドです。

ブランドの特徴:

特徴は、使用している生地の柔らかさ、そしておしゃれなデザイン性です。ブランドとしても格が高く、非常に高価ではありますが、惹きつけるカッコよさがあります。みんなの憧れ的な存在です。

ブランドの代表作:

代表作というと少し難しいところがありますが、永遠に語り継がれるであろうものはボタンダウンシャツですかね。

他にもスイングトップのライトアウターやハーフジップスウェットなど名作がたくさんあります。

価格帯:

Tシャツ 4000円〜7000円くらい

トップス 10000円〜20000円くらい

アウター 20000円〜50000円くらい

ボトムス 20000円〜50000円くらい

入手場所:

ラルフローレンはなかなか入手は難しいと思います。

ショッピングモールには似たようなポロマークがついた格安ブランドがたくさんある感じです。

 

一部アウトレットや正規取扱店もありますので、そこで買うと良いと思います。

もちろんネットでも購入できます。

楽天で検索

Amazonで検索

アメカジおすすめブランド④CARHARTT(カーハート)

続いてはアメリカのワークウエアブランドとして代表格のブランドであるカーハートです。

 

カーハートは最近若者の間でも流行しており街中でもよく見かけると思います。

 

今ではおしゃれな感じですが、本来はワークウエアを販売するブランドです。

ブランドの歴史:

創業は1889年と意外と古く、昔から働くものの味方となり、安価なのに丈夫なワークウエアを今でも作り続けています。

ブランドの特徴:

特徴はとにかくタフで長持ちするダック生地を多く使っていることでしょうか。また、ダック生地は経年変化すると独特の味が出るため、古着としてもとても人気があります。

ブランドの代表作:

ブランドの代表作は、ダック生地を使ったアウター達です。アクティブジャケットやデトロイトジャケットなどいくつかの種類がありますがどれも人気が高いです。

価格帯:

Tシャツ 2000円〜4000円くらい

トップス 7000円〜15000円くらい

アウター 15000円〜25000円くらい

ボトムス 8000円〜15000円くらい

入手場所:

Tシャツやバック、キャップなどの小物系はショッピングモールでも多々見受けられますし、スウェット系も場所によっては置いてあります。

しかし、ダック生地を使用したアウターやジーンズ、ペインターパンツなどはあまり見かけません。

アメカジショップでも正規取扱をしているショップは少ないため、ネットでの購入がおすすめです。

楽天で検索

Amazonで検索

アメカジおすすめブランド⑤Dickies(ディッキーズ)

次はディッキーズを紹介します。

ディッキーズもアメカジの定番ブランドとして有名で、カーハートと同じようにワークウエアブランドです。

作りもシンプルで長い間愛され続けているブランドです。

ブランドの歴史:

創業は1922年と古く、昨年100周年を迎えました。1950年代にアメリカで大ヒットしてからは、常に人気ブランドとして進化を続けています。

ブランドの特徴:

特徴はファッション初心者でも手が出しやすい価格と幅広い商品ラインナップです。だいたいの商品は揃いますw

作りはワークウエアらしく多少荒い作りの部分もありますが、その分コストダウンされており、非常に買いやすいです。

ブランドの代表作:

代表作は、1950年代にアメリカで大ヒットしたワークパンツの874です。今でも当時からほぼ変わらないディティールで定番品です。

価格帯:

Tシャツ 2000円〜3000円くらい

トップス 4000円〜7000円くらい

アウター 7000円〜13000円くらい

ボトムス 4000円〜8000円くらい

入手場所:

比較的イオン系ショッピングモールでもTシャツ、インナー系とワークパンツ、アウターなんかもあるかと思います。

商品のラインナップが多いため、欲しいものがお店にあるとは限りません。こちらもネットでの購入がおすすめです。

楽天で検索

Amazonで検索

アメカジおすすめブランド⑥PENDLETON(ペンドルトン)

次は、ペンドルトンを紹介します。

 

ペンドルトンはウール系の製品が強く、非常に人気の高いブランドです。

ウール素材はしっかりとケアすれば100年モノとも言われるほど長持ちする素材です。

ブランドの歴史:

創業は1909年で、こちらも100年以上続くブランドです。第二次世界大戦では米軍に軍服や寝袋を作るなど、国からも信頼される服作りが特徴です。

ブランドの特徴:

特徴はウール製品になります。ウールといっても普通のウールではなく、バージンウールというウールを使っています。バージンウールとは、羊から初めて取れるウールになります。そのため、1匹から1回しか取れず大変貴重なウールになります。

ブランドの代表作:

代表作はそのバージンウールを100%使用したウールシャツになります。ただし、現行のペンドルトンでは全てがバージンウールではないため注意が必要です。

価格帯:

Tシャツ 3000円〜5000円くらい

トップス 7000円〜10000円くらい

アウター 12000円〜25000円くらい

ボトムス 7000円くらい

入手場所:

ペンドルトンは財布やキーケース、カードケースなど小物も人気です。ショッピングモール系ではニコアンドなどに置いてある可能性が高いです。

バージンウールシャツの場合は、アメカジ古着を扱っている古着屋に行けば数着はあるかと思います。

楽天で検索

Amazonで検索

定番のアメカジおすすめブランド⑦L.L.Bean(エルエルビーン)

次は少しテイストが変わり、アウトドアブランドを2つ続けて紹介します。1つ目はエルエルビーンです。

 

エルエルビーンは品質にこだわるアウトドアブランドです。防寒着は暖かく、そして機能的です。

ブランドの歴史:

創業は1912年とこちらも100年以上続いています。キャンプやハイキング、スポーツなで使われるアウトドア衣類を作り続けています。

コアなファンが多く、一度ハマってしまうとエルエルビーンから離れられないとも言われていますw

そのためファンの年齢層が高く、おじさんが好きなブランドのイメージもありますw

ブランドの特徴:

主に寒い冬に耐えられる防寒衣類や防水、撥水などの機能的な服が多いのが特徴です。小物系も防寒アイテムが多く、ニット帽や手袋、暖かい靴下などがあります。

ブランドの代表作:

代表作はエルエルビーンを一躍有名にしたビーンブーツです。服じゃないんかい!と思う人もいると思いますが、かっこいいブーツなのでお許しをw

当時のアメリカ、雨の日のハンティング用ブーツとして開発されたブーツです。特徴的な見た目なので、ご存知の方も多いはず。

価格帯:

Tシャツ 3000円〜5000円くらい

トップス 7000円〜13000円くらい

アウター 10000円〜20000円くらい

ボトムス 7000円〜12000円くらい

入手場所:

エルエルビーンはあまり店舗では見かけませんね。

実物を見たい場合、店舗がある場所を調べていったほうが良いかと思います。手っ取り早く確認したい場合はセカストなどの店舗に行けば古着ですがだいたい置いてあるので質感やクオリティーは確認できます。

バージンウールシャツの場合は、アメカジ古着を扱っている古着屋に行けば数着はあるかと思います。

楽天で検索

Amazonで検索

定番のアメカジおすすめブランド⑧Patagonia(パタゴニア)

最後に紹介するのはパタゴニアです。

パタゴニアは高級アウトドアブランドとしてとても機能的なウェアを作り、社会貢献にも活発に参加しているブランドです。

 

ブランドの歴史:

創業は1973年と今回紹介してきたブランドの中では比較的新しいブランドですが、認知度や人気は非常に高く、いつの時代でも常にアウトドアブランドのパイオニア的存在に君臨しています。

ブランドの特徴:

エルエルビーンと同様に主に寒い冬に耐えられる防寒衣類や機能的な服が多いのが特徴です。

またデザイン性も非常によく、パタゴニアが出した新作をほかのブランドが必ずベンチマークし、参考にしています。

ブランドの代表作:

代表作はレトロXと呼ばれるボアジャケットです。非常に暖かいのが特徴ですが、嘘だろってくらい高いですw

しかしとても人気があり常に売り切れ状態、生産が追いついていません。古着でも価格が高く、着ているといいなぁ〜と見られますw

価格帯:

Tシャツ 5000円〜8000円くらい

トップス 10000円〜15000円くらい

アウター 20000円〜50000円くらい

ボトムス 11000円〜20000円くらい

入手場所:

パタゴニアもイオン系ショッピングモールでは見かけませんねw

しかし、レベルの高いセレクトショップであればTシャツや小物はあるかもしれません。

あまり店舗も多くないので、ネットでの購入をおすすめします。

楽天で検索

Amazonで検索

定番のアメカジおすすめブランドまとめ!

いかがでしたか?

 

定番のアメカジおすすめブランドを8ブランド紹介しました。

 

近隣のお店でも入手できるブランドもありますので、ぜひ探して見てください。

 

今回紹介したブランドは

  • リーバイス
  • チャンピオン
  • ラルフローレン
  • カーハート
  • ディッキーズ
  • ペンドルトン
  • エルエルビーン
  • パタゴニア

です。

 

どのブランドも歴史が長く、これまでも常に愛されてきたブランドたちばかりです。

 

まさに、間違いなしブランドとして自信を持っておすすめできるブランドです。

 

リーバイスやチャンピオンは誰もが聞いたことがあるブランドかと思いますが、ペンドルトンやエルエルビーンなどもアメカジ好きの中では超定番ブランドです。

 

この機会にぜひ聞いたことのないブランドを調べて、こんな商品があるんだ!このアウターかっこいい!など

 

アメカジを楽しんでいただけるきっかけになればこの記事を書いた甲斐があります。

 

僕は他にもアメカジに関する記事をたくさん書いていますので、ほかの記事も読んで見てくださいねw

 

それでは、また別の記事で!

最新情報をチェックしよう!