WAIPERのN-1って安いけどどうなの?結論はめちゃくちゃ優秀なアウターです。

こんにちは!

アメカジ大好きmaaasaです!( @BlogMaaasa)

 

この時期寒くなるとあったかいアウターが欲しくなりますよねw

 

kai
N-1ってめっちゃあったかいよね!
kai
WAIPERのN-1が安いし気になってるんだけどどうなんだろう??
maaasa
安いけど、結論はめちゃくちゃ優秀なアウターだよ!詳しく紹介するね!

N-1は冬のアウターとして、とても機能的で優秀なアイテムです。

 

そしてWAIPERのN-1は金額的にかなりお安い価格で販売されています。

 

しかし、他のブランドに比べて安過ぎて、作りや生地感が心配になる人も多いと思います。

 

今回はそんなWAIPERのN-1について、その特徴や他のブランドに比べて安い理由、また、買う時の注意点について紹介していきます!

 

この記事を読むと

  • WAIPERのN-1の特徴
  • 他のブランドのN-1と比較して安い理由
  • WAIPERのN-1を買う時の注意点

がわかるようになっています。

 

それでは初めにWAIPERというブランドをよく知らない型のために簡単に紹介していきます。

WAIPERはミリタリーに特化したブランド!

WAIPERはミリタリーに特化したブランドです。

 

取り扱っている種類や在庫は日本一と呼び声が高いです。

 

ミリタリーのレプリカブランドから軍の放出物まで幅広く揃っており、WAIPERが独自で研究し発売もしています。

 

最近ではYouTubeも人気で、いま一番ノリに乗っているミリタリー販売店と言えますw

WAIPER公式サイト

WAIPERのN-1の特徴は?

ここからはWAIPERのN-1についてその特徴を紹介していきます。

 

WAIPERでは様々なブランドのN-1も販売されておりますが、今回紹介するN-1は、WAIPERから販売されているN-1です。

 

WAIPERのN-1の特徴は

  • しっかりと暖かく、真冬でも問題なし!
  • ビンテージ感のあるused加工品がある
  • 丈夫で長持ち!ジャングルクロスを使用!
  • とにかく安い!!

です。

 

簡単に説明していきます!

しっかりと暖かく、真冬でも問題なし!

WAIPERのN-1はとにかく暖かいです。

 

N-1といえば暖かさが売りですよねw

 

WAIPERのN-1はインナーに薄手のシャツ1枚でも十分な暖かさです。

 

スウェットを着れば真冬でも耐えられます。

 

こんなにかっこいいのにしっかりと性能を発揮してくれるのは大変ありがたいですよねw

 

ビンテージ感のあるused加工品がある

他ではあまり聞いた事がないですが、WAIPERのN-1にはused加工されたN-1がラインナップされています。

 

まるでビンテージのような加工がされていてとても雰囲気があります。

 

しかし加工され過ぎておらず、これからもまだまだ経年変化して味が出せるレベルのちょうどいい加工です。

 

その他N-1のラインナップとして、カーキとネイビーの2色展開です。

 

そして無地のものとUSNのステンシルが入ったものがあります。

 

未加工品を1から育ててもよし、ビンテージ感のある品の良い加工で初めから雰囲気のいいN-1を着てよし、自分の好きなものを選びましょう!

丈夫で長持ち!ジャングルクロスを使用!

N-1といえば丈夫で長持ち!そんなイメージがあると思います。

 

WAIPERのN-1を買おうと思って調べているあなたの心配ごとは、質やクオリティー、丈夫さの部分だと思います。

 

ミリタリーといえばで名があがるWAIPERのN-1ですから、品質やクオリティーはかなり高いです。さすがといえます。

 

しかし、価格が安いため、丈夫に長く着る事ができるのか?すぐ穴が開いたりしないか?など心配してしまいますよね。

 

しかし、ここもさすがの作りです。生地はオリジナルのN-1でも使われているジャングルクロスを採用しています。

 

ジャングルクロスとは、糸を高密度、そして分厚く織る事で耐風性に優れており、また、多少であれば水も弾くような高機能な生地です。

 

耐久性にも優れており、WAIPERでは当時の生地感のディティールもしっかりと再現されておりましたw

 

そのため長く着る事ができそうです。

とにかく安い!!

そして1番の特徴が、とにかく安い!!!です!

 

WAIPERのN-1は1.8万円くらいですw

 

ミリタリー界隈の価格破壊が起きるレベルの安さですよねw

 

他ブランドのN-1は結構高く、安くても3万円、通常でも5万6万は当たり前の価格です。

 

そこに2万円以下で買えるのはマジでありがたいですw

 

きっとあなたもN-1欲しいけど高い!!と感じて調べるうちにWAIPERのN-1にたどり着いているはずですw

 

高くて手が出ない!と諦めている方や、初めてN-1を買いたい!と思っている方におすすめですw

WAIPER公式サイト

他ブランドのN-1となぜそこまでの価格差があるのか?

先ほどめちゃくちゃ安い!と紹介しましたが、なぜ安く本格的なN-1を作る事ができたのか説明していきます。

 

それはアルパカの毛を使っていないという部分がかなり大きいかと思います。

 

オリジナルのN-1には裏地の部分にアルパカの毛が使われており保温性に優れております。

 

そして多くのレプリカブランドやアメカジブランドではオリジナルを再現し、アルパカの毛を使用したN-1が非常に多いです。

 

しかし、アルパカの毛は少し扱いにくく、洗濯はできません。

 

また、抜けやすかったり、首回りが少しチクチクする事があります。

 

その辺の扱いにくさを改善しつつ、コストダウンしてまとめてくれたのがWAIPERです。

 

WAIPERのN-1を買う時の注意点

WAIPERのN-1を買う時の注意点が2つありましたので簡単に紹介しておきます。

 

1つ目は、本格アメカジブランドのアルパカの毛を使用したN-1と比べると暖かさに欠けます。

 

とは言っても、アウターとしての性能はしっかりとしており、とっても暖かいですw

 

比較するとって話です。

 

それと2つ目は、サイズ感です。

 

WAIPERの公式から発表されているサイズです。

サイズ表記 着丈 身幅 肩幅 袖丈
32(XXS) 61 cm 47 cm 39 cm 60 cm
34(XS) 63 cm 49 cm 41 cm 61 cm
36(S) 64 cm 51 cm 43 cm 62 cm
38(M) 66 cm 56 cm 45 cm 63 cm
40(L) 68 cm 58 cm 47 cm 64 cm
42(XL) 70 cm 60 cm 49 cm 66 cm
44(XXL) 72 cm 62 cm 51 cm 67 cm
46(XXXL) 74 cm 64 cm 53 cm 68 cm

WAIPERは幅広いサイズを用意しており、サイズ選びに少し戸惑います。

 

その分自分にあったベストのサイズを探しやすいというメリットもありますがw

 

一番は自分の持っているアウターのサイズを測定しておく事です。

 

それと、裏地にボアが付いていますので、スウェットやヘビーネルシャツを着込むような予定がある方は気持ち大き目でも大丈夫だと思います。

 

サイズ感の目安

ここで、豊富なサイズから自分にあったサイズを選ぶために目安落として画像をいくつか紹介します。

 

こちら40サイズですが、めちゃくちゃいいサイズ感ですねw

 

同じサイズですが、インナーを厚くすると少しキツそうにも見えます。(変ではないと思いますので、その辺はお好みでw)

 

前は閉まらなそうですねw

同じモデルさんで42サイズ着用です。

少し大きめに見えなくはないですが、インナーを厚くするならこのくらいのサイズでも問題なさそうです。

先ほどのモデルさんよりも身長も体重もあるモデルさんですが38サイズ着用です。

 

少し小さめですかね。前は閉まらないかと思います。

こちらは女性モデルさんです。

 

かなり良いサイズ感かと思います。ってかめっちゃ可愛いっすねw

N-1着ている女子ってなんか良いっすねw

WAIPERのN-1まとめ!

これまでWAIPERのN-1を紹介してきましたが、最後にまとめです。

 

WAIPERのN-1の特徴は

  • しっかりと暖かく、真冬でも問題なし!
  • ビンテージ感のあるused加工品がある
  • とにかく安い

でしたよね!

 

そして、従来使われてきたアルパカの毛をあえて使用しない事によって大幅なコストダウンと実用性を兼ね備えましたw

 

注意点は豊富なサイズ展開によって迷う事があるかと思いますが、インナーに何を着たいのか考えて、サイズ選びをしよう!という事です。

 

WAIPERのN-1はとにかく使いやすく、そしてめちゃくちゃカッコいいN-1ですからN-1に興味があったけど高くて手が出せない。

 

アルパカの毛がある事で扱いにくい。

 

そんなこともないですから結論はめちゃくちゃ優秀なアウターです!

 

冬のマストアイテムとして持っておくと安心できて長年着ることで経年変化し、信頼できる相棒になること間違いなしですねw

WAIPER公式サイト

最新情報をチェックしよう!