UES(ウエス)のワークキャップが良いって本当?結論は最高に良い帽子です!

こんにちは!

アメカジ大好きmaaasaです!( @BlogMaaasa)

 

今回紹介するアイテムはこちらです!

ウエスのワークキャップについて紹介していこうと思います!

 

kai
ウエスのワークキャップが良いって聞いたんだけど本当かな?
 
kai
実際にかぶった感じとかも知りたいな!
 
maaasa
実際に長年愛用している僕が、特徴や買って良かった点、少し気になる点を紹介していくよ!
 

ウエスのワークキャップは、バイカーやアメカジ好きに人気の帽子で、何年も前から定番商品で君臨し続けている王道の帽子ですよねw

 

そんな人気なワークキャップですが、ウエスのワークキャップが本当にいい帽子なのか?

 

実際にかぶった感じはどうなのか?

 

サイズ感や、見た目はどんな感じで変化していくの?など、皆さんが気になっている所を余すことなく紹介していこうと思います!

 

まず、ウエストいうブランドがどのようなブランドか、簡単に紹介していきましょう!

 

ウエスってどんなブランド?

ウエスは、1つのモノの価値(役割)をしっかり認識した 上で本物を選び、それを使い古すまで、またそれが他の使い道を持つまで使うべきというコンセプトです。

 

わかりやすく言い換えると、“価値のある本物の服をUES(ウエス=ボロ布)になるまで愛着を持って使えるモノを作る”といった感じですねw

 

ウエスの服は買った時が完成ではなく、着込んで経年変化した姿が本当の完成になるとまで言っています。

 

そのくらい本気で作られたウエスの服や小物たちは高品質で非常に長持ちです。

 

ウエスのワークキャップが良いって本当?

kai
ぶっちゃけ、実際はどうなん?
 
kai
かぶった感じとか、経年変化の感じとかどんな感じなのか気になる!
 

ウエスの製品がこだわった製品だという事は、ブランドの理念からも読み取れると思いますが、実際はどうなんでしょうか?

 

結論は、めっちゃ良いですw

 

maaasa
実際どの辺が良いのか、特徴も含めて簡単に説明していくよ!
 

ウエスのワークキャップの特徴や良い点

ウエスのワークキャップの特徴や買って感じた良い点をまとめて紹介していきます!

 

まとめるとこんな感じw

  • 同じ形の生地違いで種類がたくさんある!
  • ループが付き、持ち運びに便利!
  • ヴィンテージの雰囲気が感じられる!
  • 柔らかく、洗濯機でも洗えた!

と、こんな感じです!

 

簡単に説明していきます!

同じ形の生地違いで種類がたくさんある!

僕が買ったのはデニムのワークキャップを買ったのですが、それ以外でも生地違いで種類があります!

 

デニムを始め、シャンブレーやヒッコリー、ダック地などアメリカを代表する人気生地を使ったものです。

 

どれを取っても間違いないので、好きな生地や色で選ぶと良いですw

出典:goodstandard

もちろん、2個目、3個目と生地違いで種類を増やしていくのも楽しそうですw

 

ループが付き、持ち運びに便利!

ウエスのワークキャップの特徴として、キャップの後ろ側にループがついています。

 

このループによってバイク等に乗るとき脱いだワークキャップをフック等で腰にぶら下げるスタイルを楽しむ事が出来ます。

帽子は脱いだ時に邪魔になることが多いので、このループがあることで解決します。

 

僕はスポーツスターに乗っているんですが、バイクで走るときに腰につけ、降りた時にかぶる形を取ってから、すごく楽になりましたw

 

また、柔らかいのでグルグル巻きにして小さくし、バックの中にしまう事もできるので、持ち運びに関してはかなり優秀だと思います!

 

ヴィンテージの雰囲気が感じられる!

使い込むことで色落ちし、まるでヴィンテージのような風合いが生まれるウエスのデニム生地

 

また、絶妙な古着感というか、くたびれた感が期待できるヒッコリー

 

時間をかけて徐々に変化する色落ちやアタリが楽しめるダック生地

 

キャップの後ろ側についている通気口は、実は100年以上前のヴィンテージミシンで開けられていますw

顔みたいで可愛いww

 

ちなみにこちらは新品の状態で↓

こちらのように経年変化していきます!↓

控えめに言って最高ですw

 

普通は気づかない所までこだわって作られたワークキャップは、経年変化によってなんとも言い表せない雰囲気をかもし出します!

 

柔らかく、洗濯機でも洗えた!

 

ウエスのワークキャップは非常に柔らかく、かぶっていても心地がいいですw

 

ツバも形状を記憶する特殊素材を使用しているので、僕は洗濯機で洗っています(ズボラでごめんなさいw)

 

洗濯機から出して干す時にしっかりと形状を整えて干せば、型崩れもありませんでした。

 

あくまでも僕は洗っちゃってますってだけなので、洗うときは自己責任で判断してくださいw

 

ちなみに気が向いたときは、手洗いで浸け置きして洗う事もありますww

 

ウエスのワークキャップで少しだけ気になった所

これまでは特徴や良い点を紹介してきましたが、少しだけ気になた部分もあるのでしっかりと紹介させていただこうと思います!

 

少し気になったポイントは

  • 折れたまま放置すると形が戻らない!
  • 他の帽子がかぶれなくなる

って感じですw

 

色々考えましたが、デメリット的な部分はあまりありませんでした。

 

どちらかというと、気をつけて!って感じですねw

 

折れたまま放置すると形が戻らない!

 

過去に一度、バックの中に入れっぱなしで取り出すのを忘れた時があったんです。

 

数日そのまま放置したことがあるんですが、流石にツバが変な感じでゆがんでしまいまして・・・

 

まぁ、洗って干したら元通りになったのでよかったですが、いざ使いたい!という瞬間だったらかぶれなかったと思います。

 

柔らかいという特徴が良い点でもあり、逆に気をつけなければいけない部分でもあります!

 

僕がちゃんとして、しまいっぱなしにしなければ何も問題ないんですがねw

(ズボラでごめんなさいw)

 

他の帽子がかぶれなくなる!

帽子ってかぶってもなかなか経年変化しにくいアイテムでもあります。

 

ウエスの経年変化していく様を見届けたい!早くみたい!と焦るあまり、ついついこの帽子をかぶってしまいます。

 

他の帽子もある中で、なぜかいつもかぶるのはウエスなんですよね・・・

 

バイクにも乗るので、バイク乗るときはほぼ100パーセントですし、通常の時でも出動率は80%を超えていると思います。

 

そのおかげで他の帽子の経年変化が進まないw

 

いますぐ経年変化した帽子が欲しい方にはあまりおすすめできないかもしれません。

 

気長に、ゆっくりと変化を楽しみましょうw

 

ウエスのワークキャップまとめ!

ウエスのワークキャップは扱いやすいのに経年変化まで楽しめる優秀なアイテムです。

 

アメカジが好きだったり、デニムやダックの経年変化が好きな人にはヒットするアイテムではないでしょうか?

 

ゆっくりと変化を楽しみながら、ボロ布のウエスになるまで愛着を持って僕と一緒にずっとかぶり続けましょうw

 

それでは、今回は僕も長年愛用しているウエスのワークキャップを紹介してみましたw

 

他にもアメカジアイテムのレビューやおすすめアイテム紹介などたくさん記事がありますので、他の記事も読んでみてくださいw

 

それでは、最後までありがとうございました!

 

最新情報をチェックしよう!