仕事ができる人の特徴は【根回し】をこまめに行なってますよって話

 

どうも!

 

自動車の設計エンジニアとして働くmaaasaです!

 

先日、業務中にふと思った事があったので、その内容を記事にします。

 

内容は根回しについてです。

 

仕事ができる人は根回しが得意!

 

この根回しが上手い人は、なぜか仕事ができる、テキパキはしてないけれども信用はある。といった人がかなり多いと感じています。

 

現に僕の会社の中でも、尊敬できる上司や先輩は、皆根回しを忘れません。

 

僕もよく言われるのは、先に話しておけとか、その話、他の部署は知っているの?とか言われます。根回しがうまくできていないと言う事ですね・・・

 

そもそも根回しって何?

 

この記事にたどり着いた方は、根回しと検索してたどり着く方はあまりいないかなと感じます。

 

根回しってあまりいいイメージないですし、そんな事調べる方はあまりいませんよね。

 

ですから、そもそも根回しってなんだろうってところからお話しします。

 

ビジネスの場において、根回しとは、あらかじめ連絡しておく、あらかじめ検討しておいてもらう。と言うイメージです。

 

誰でも、大きい仕事や、大変な仕事がいきなり降ってきたら嫌ですよね・・・

 

たとえ、嫌な仕事であったとしても、この、根回しを行う事で、ある程度のインパクトを抑えて、仕事を円滑に進められる。と気づきました。

 

根回しは、ごますりではない!

 

よく、根回しってただのごますりでしょ?といった事を話している人がいます。

 

また、この記事を読んでいる方も思うかもしれません。

 

根回しは、ただのごますり行為とは全く違い、関わりのある部署の協力者に対して、先にインパクトある内容を話しておく”配慮”であると感じます。

 

要は、”気遣い”です。

 

 

なぜ、根回しするといいの?

 

ではなぜ、根回しをしておくと仕事が早く進み、仕事ができる人のレッテルを貼ってもらえるのか・・・

 

それは先ほども言ったように、”配慮””気遣い”と言う事ですから、根回しをする人は、他課に対し、コミュニケーションをよく取る事になります。

 

担当者同士で話をしているならば、なおさらです。

 

よくコミュニケーションを取っていれば、お互いの思いも伝わりやすく、相手の考えていることもよく理解できるようになります。

 

また、根回しはビジネス以外でも、親子関係やご近所とのコミュニケーションにも役立ち、コミュニケーションが円滑に進みます。

 

僕が体験した根回しの具体例

 

ここで、僕が実際に行った具体例を説明して見ましょう。

 

わかりやすく説明するので、例えば・・・とか話しますが、実体験です。

 

僕は自動車の設計エンジニアですから、車体の部品で、例えば10個の部品で1つのパーツになるとして、その10個の部品の2部品が変更になります!と言う話があったとして

 

それに対する課題が無いか、社内で確認し、合意を取ろうとしたとします。

 

合意をとるのに、その確認会の場でいきなり部品変わります!と宣言しても、”えっ!聞いてないよ”とか言われますよね。

 

そんな事がないように先にデータを他課に展開しておき、検討してもらう期間を設けてから、実際の確認会に参加してもらう。

 

ここまでは普通だと思いますが、根回しとしては、ここからです。

 

データ展開した時に、電話または直接、変化点はココで、このように変わっています。

 

ですから、A課さんにとっては、悪くない話だと思うんです・・・

 

これが根回しです。先に話をしておき、先に賛成者(仲間)を作っておく事です。

 

誰でも、変化があることは嫌います。

 

変化したことで、B課としては損失かもしれません。

 

損失が出るのに、いいですよとは、なかなか言えないですよね。

 

しかし、あらかじめ仲間を何人か作っておけば、また、賛成者の上司が味方になってくれれば、心強いですよね。

 

そのおかげか、確認会ではスムーズに話が進み、無事、部品を変更しても問題がない事を調整できました。

 

根回しの結果、こうなる。の参考例

 

僕が感じた、根回しを続けるとこうなると言った具体例をあげていきます。

 

・積極的にコミュニケーションを取ると、人によってはひどい対応のされ方をするかもしれませんが、おそらく、その周りの人が助けてくれます。

 

・根回しをしたことで、”怖そうな人”と感じていた人も、直接話すことで快く受け取ってくれる。

 

・コミュニケーションをよく取るので、廊下ですれ違っただけでも、あの件ありがとね!とか、今度よろしくね!といったように声をかけてくれるようになる。

 

・根回しをしておいた事で、多数賛成の状態を作ったため、会議体の中で有利に話を進める事ができる。

 

まとめ

 

根回しとは、先輩や上司に対してのごますりではなく、”配慮””気遣い”であると言う事。

 

根回しをする人は、コミュニケーションをよく取る人なので、愛されやすく、信用されやすい。

 

ビジネス以外でも役に立ち、人生においてもマイナスな事は無い。

 

実際に仕事が遅い人、できない人でも、気遣いができれば、人として人格者はある人として扱われるため、仕事できるグループの中には入れる。(そうすれば、自然と仕事はできるようになります)

 

皆さんも、根回しをして、会社の中で優位な立ち位置に立ち、信用される、仕事ができる人になってください。

 

以上、僕が感じた根回しの重要性と、根回しができる人は、仕事が出来る人と思う根拠でした。

それでは〜ノシ

最新情報をチェックしよう!